Heartful Wind

heartwind.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

お友達来仙


東京に住んでるお友達、マリナさんみーゆんさんが来仙され、共通のお友達であるまっきぃさんと4人で
あちこち観光してきました。

まず、るーぷる仙台に乗り、青葉城址へ。
観光のパンフなどでよく見る仙台のシンボル、伊達政宗像。

d0179686_173547.jpg

その周りは・・「城址」だけで、ホントに何もないのね。
地震や雷火、戦火などで、すべて消失。  石垣だけが残るのみ。

高いところにあるので、仙台の街が一望できます。

d0179686_17402144.jpg

再びるーぷるで仙台に戻り、仙石線で松島へ。

まずはお昼ご飯。  五太堂向かいの「浪漫亭」にて海鮮丼を。(お値段:1500円)

d0179686_17432750.jpg

いくらがぷりぷり。   ずんだ餅もついてます。

その後、瑞巌寺を見てから、観光船に乗りました。
観光船といえば、ウミネコへのエサやり。   ちなみに、エサはかっぱえびせん。
出航と同時に、すごい勢いでウミネコが追いかけてきます。

ほら、きたぞ、きたぞ・・

d0179686_17475085.jpg

えびせんをじっと見つめる・・

d0179686_1750435.jpg

ちょっと、ここに止まって待つってのは反則だろう・・。

d0179686_17545830.jpg

簡単にえびせんゲット。   楽勝じゃん。

d0179686_17553058.jpg

塩釜に着いて、仙石線で宮城野原へ。

来ました、Kスタ!  これから楽天ー西武の野球観戦です。

d0179686_175825.jpg

席はこの辺り。   今夜の楽天の先発は井坂。   西武は菊池雄星。

d0179686_181961.jpg

座ったらまずお弁当。(笑)   楽天のエース、岩隈のクマ弁当。  ステッカーもついてるし。

d0179686_182429.jpg

中味はこんな感じ。   美味しかったけど、ご飯もっと欲しい。(笑)

d0179686_1842259.jpg

こちらは、みーゆんさんが買ったマーくんのお弁当。

d0179686_185024.jpg


これでもかと肉、肉、肉。(笑)   若さが出てます。  卵焼きに「気持ち」って書いてありますね。

d0179686_1891611.jpg

みーゆんさんが、ジェット風船を買ってくれました。  ありがとうございます~。  
7回裏にみんなで飛ばしましたよ。

d0179686_18757.jpg
 
で、試合は・・勝ちました!
勝利のあとにも風船飛ばすんですねー。 

d0179686_1884468.jpg

ビジョンにも「WIN」の文字が。

d0179686_18104218.jpg

試合後は、若手の選手たちと一緒に、みんなでバンザーイ!バンザーイ!バンザーイ!

d0179686_18114764.jpg

よかったー! おめでとう!  いい試合でしたー!

私とまっきぃさんは最後まで観てましたが、マリナさんとみーゆんさんは夜9時過ぎにはあがり
最終の新幹線で東京に帰られました。  お疲れ様でした。

とても充実した楽しい1日でした。
お二人とも、またぜひ東北にいらしてくださいね~。
[PR]
by heartfulwind | 2011-09-29 18:25 | お出かけ | Comments(6)

若竹七海「スクランブル」


d0179686_2326454.jpg

初めて読んだ作家さんだったんだけど・・この本は私にはイマイチだったかな。

高校生の仲良しグループ6人組。
現在31歳になった彼女達の中の1人の結婚式から、話は始まる。
女子高生だった15年前の過去と、その15年後の結婚式での現在が交互に語られる。

結局高校で起こった殺人事件の犯人が誰か?ってことなんですけどね。
6人もいるとですね、わかんなくなってくるんですよ。  誰が誰だか。 
彼女達の他にも、女子の名前が沢山出てくるわけで。
わからなくなるなら、紙に書けって感じですよね。

多感な時期の高校生。 くだらないことを真剣に悩んだり、ささいなことでも大いに嬉しかったり。
特に女子高だから、いろいろあるのよねぇ。  派閥とか。  めんどくさいけど。
その辺の彼女達の会話や行動は結構面白かった。   そんなこともあったって、うなづいちゃったり。
自分の16歳の頃もこんなんだったかねぇ。  でもそんなに言葉づかいは悪くなかったよ。>夏見
みんな文芸部で本読んでるけど、私はそんなに読書好きじゃなかったなぁ。(今はよく読むけど)
でも1つ後悔は、何か部活に入ってればよかったってこと。
なんか、あの時は入りたいっていう魅力的な?部がなかったんだよね。 
ま、自分のことはどうでもいい。

結果、実は私の予想した犯人とは、全く違ってました。
え、誰? 1人消えた・・また1人消えた・・と、徐々に絞られていって。
その意外性はなかなかよかったかも。

じゃ、何が気に入らなかったのかと言うと、やっぱりちょっと物足りなかったというか。
どうしても犯人が気になるっていう感じも最後までなかったし、謎解きも平凡。

そもそも、このくらいの事件の犯人が時効まで見つからないなんて、警察は何をやってるんだ?
こんなのも、非現実的。
15年経ってその時の高校生が、今になって犯人がわかった!なんて、ちょっとありえない。
[PR]
by heartfulwind | 2011-09-27 23:46 | 読書 | Comments(0)

湊かなえ「Nのために」


d0179686_16265563.jpg

図書館に行ったら、いつも滅多にお目にかかれない湊さんの本があった。  ラッキー。  さっそくゲット。
湊さんの作品で最初に読んだのは「告白」。  あれは本当に衝撃的だった。

で、題名の「N」。  さて、Nは誰だ?・・と読み始めたら、登場人物が全員Nだった。
希美(のぞみ)、望(のぞみ)、西崎、成瀬、奈央子、野口。
アパートの管理人のおじいちゃんまでも野原でN。

それぞれのNが自分達の一番大切なNのために、自分を犠牲にしてまでも人生をかけて守る。
簡単に言うと、そんな話。

でも話は殺人事件であり、実はかなり複雑。  
それぞれのNは、それぞれのひどい過去があり、悲しい現実を抱えている。
これが本当に悲惨で・・。   特に希美の母親はすごかった。   父親もすごいけどね。 

暴力を振るわれても、相手を愛せるものなんでしょうかね。   ちょっと理解できないなぁ・・。
子供はしょうがないとは思う。   どんなに虐待されても、子供にとって母親は大事な愛すべき存在。
「灼熱バード」・・本当に哀しい話だ。
愛の形は人それぞれなんだろうけど、これは究極的。

登場人物が現在と過去を織り混ぜながら、一人称で語っていくので、少しややこしい。
何度も前に戻り、確認しながら読んでいかねばならない。 
結構見落としてるんだよね、大事なところ。

で、全部読み終えて、やっぱり面白かったです。  
ぐいぐいひきつけて、一気に読ませるところはあいかわらず。 
でもやっぱりラストはやりきれない気持ちになった。  そこもあいかわらず。

途中まで安藤は女だと思ってたんだけど、みんなもそう思ってなかった?
これは、わざと? 
そんなに意味はないのかなぁ・・。
[PR]
by heartfulwind | 2011-09-25 17:17 | 読書 | Comments(0)

dining bar 風の花


地下鉄泉中央駅から3~4分、イズミティ21のすぐ近くにあるフレンチのお店です。

しばらく行かなかったら、メニューがずいぶん変わってました。
15食限定のランチとか、オムライスとかなくなってたし。

こちらはお肉のプチコース。(お値段:1050円)
他に、お魚のプチコース、季節のフルコース、パスタランチなどがあります。

まず出てきたのはアミューズ。   調べたら、「軽い前菜で、喜ばせる一口」という意味らしいです。
一瞬バニラアイスかと思ったのですが(笑)食べたら卵料理でした。

d0179686_1742790.jpg

そして、前菜。   いろんな種類のお野菜がのってます。

d0179686_1755592.jpg

キャベツのスープとパン。

d0179686_1719525.jpg

メインのお肉料理は、プティサレのパルミジャーノ風味のトマトソースです。
野菜の上に、トマトソースのかかった厚切りの豚バラ肉がのってます。
お肉がとてもやわらかくて美味しかったです。
しかも、パンだけではなくキノコの炊き込みご飯がついてるんです。   感動的。

d0179686_1711774.jpg

最後にデザートとコーヒー。   ケーキはアールグレー(紅茶)のシフォンケーキでした。

d0179686_17121430.jpg

このクオリティーで1050円はスバラシイ!
しかも、フルコースは1500円ですよ。(お肉とお魚両方食べられる)   今度絶対食べなきゃ。

木の温もり溢れる、とても素敵なレストランです。

d0179686_17134531.jpg

ぐるなびHP
[PR]
by heartfulwind | 2011-09-21 17:21 | ランチ | Comments(2)

とんかつ杉


若林区紫波町、ヨークベニマル大和町店の近くにあるとんかつ屋さんです。

隣のお肉やさんがやってるお店で、美味しくてとてもリーズナブル。
今日はひれかつとエビフライのミックス定食にしました。(お値段:1000円)

d0179686_2281471.jpg

ひれかつは大きくて分厚くてやわらかく、とても美味しかったです。
量は多いし、ご飯も多いし、少し夫に手伝ってもらいました。   でもおなかいっぱい・・。

我が家からは車で約30分弱。   少し遠いのですが、それでも行く価値十分ありです。
いつ行ってもお客さんが並んでます。

お店のHP
[PR]
by heartfulwind | 2011-09-19 22:15 | ランチ | Comments(2)

歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」


d0179686_22501699.jpg

この本ね、すごく分厚いんですよ。   厚みを測ったら3.3センチ。   表紙なんかぺらぺらですよ。
で、この題名と装丁。   なんかすごくロマンチックな感じじゃないですか。
なのに、冒頭からそういうシーン?   ・・・ぐぐぐっと引きました。

う~ん・・最後まで読めんのかなと思ったけど、読み始めたら一気に。
会話とか多いし。

結論からいって、とても面白かった。
やられた。  すっかりはめられた。   最後の最後に「はっ?!そういうこと?!」って。
ミステリーですからね、謎解きがあるわけですよ。   すっかりだまされたなぁ・・。

主人公は成瀬将虎という男。   
友達に頼まれ、高齢者をカモにする会社に乗りこんでいく。
高額な羽根布団や健康食品とか売りつけるやつ。
これがまたひどい会社で。    読んでて気分が悪くなった。
でも手口とかが詳しく書かれていて、勉強になった。   私も気をつけよう・・。

そして彼はやくざの世界にも踏み込む。   これは探偵会社の仕事としてだけど。
そこでの事件の真相も驚くものだった。

はらはらどきどきのシーンあり、しんみりしたり、びっくりしたり・・なかなかめまぐるしい展開である。
最後までだまされてしまった私は、ただ鈍いのかな?    みんな途中で気づくのかな? 
わかってから再読すると、「あぁ・・だからかぁ・・」って納得する部分が多かった。  
やたら早起きだったり、名前が今風じゃなかったりとかね。

あ、私は桜が紅葉するって、知ってましたよ。   
桜の花が散っちゃっても、秋にもちゃんと見てますからね。
[PR]
by heartfulwind | 2011-09-18 23:34 | 読書 | Comments(2)

梨木果歩「沼地のある森を抜けて」


d0179686_17253837.jpg

私、この方の本読むの初めてだったかなぁ・・?   記憶にないから、やっぱり初めてか。
なんともいえず不思議な本でした。  こういう雰囲気のものばかり書かれる方なのかしら?

ぬか床の話である。  そう、キュウリとか茄子とか漬けこむぬか床。
代々伝わる家宝なんだって。
そのぬか床に、ある日突然卵が出現し、それが割れて透き通った男の子が出てくる。

う~ん・・あまりにも突飛な話で。   
そのぬか床を受け継いだ久美が、意外に冷静にその子の世話を始めるのがちょっと笑えるんだけど。

最初の章「フリオのために」は、とても面白かった。  おかしくて何度も声を出して笑った。
次の章に出てくる三味線を弾くカッサンドラ。  彼女の両目がひらひら飛んじゃうなんて発想が・・。
ま、少しテンション下がる不気味な話です。

並行して、無数にいる「僕」と無数にいる「叔母」の「シマの話」が始まる。
そろそろ、ついていけなくなってくる。(笑)
頑張って続きを読むんだけどね。   睡魔に襲われたりしちゃうのよ。   
専門的な用語が次から次に出てきて難しいし、本は分厚いし。

最後に、性を超えた風間さんという人と、その「シマ」へ行くんだけど・・。
あまりにも現実離れしている展開で。
読者が、それぞれの感性で自由に感じて受け取ってくれってことでしょうか。

この作品のテーマは、細胞の生殖。  
孤独な細胞が分裂したり結合したりして、命をつないでいく。
その生命の神秘を、かなり独特な角度で描いています。

でも正直言って、私はよくわからない世界でした。^^;
[PR]
by heartfulwind | 2011-09-16 18:13 | 読書 | Comments(0)

鳥善


多賀城駅から歩いて7~8分くらい、ホテルキャッスルプラザの近くにある和食やさんです。
このお店も津波で甚大な被害を受けましたが、6月に再開されました。

ランチは5種類。   こちらは多賀城御膳です。(お値段:1260円)

最初にサラダとずんだ餅。   サラダの上にあるのはイカです。   このドレッシング美味しかったなぁ・・。

d0179686_2127721.jpg

はらこ飯にお造りに天ぷらに茶碗蒸しに煮物に・・と、とてもバラエティに富んだお料理です。

d0179686_21283735.jpg

最後にコーヒー。    大変美味しい御膳でした。

d0179686_21295396.jpg

以前はお店の前に素敵な水車があったのですが、津波で壊れてしまったんでしょうね・・。   残念です。

d0179686_21311658.jpg

お店のHP


今日はかぐや姫さんとまっきぃさんとのりちゃとMさんと、5人でわいわいお喋りしながらの楽しいランチでした。

食後はみんなでのりちゃのお家へ移動。

先日もいただいたのですが(お友達が送ってくださったというプレーンなチーズケーキ)、今度はそのブルー
ベリー味をごちそうになりました。
う~ん・・やっぱり美味すぃ~♪    KENZOのカップが可愛いですね。

d0179686_21355423.jpg

お土産のおすそわけ、かぐや姫さんからアップルジュース、まっきぃさんからおかきをいただきました。
ありがとうございました。

d0179686_21371252.jpg

[PR]
by heartfulwind | 2011-09-14 21:50 | ランチ | Comments(2)

近藤史恵「サクリファイス」


d0179686_1545455.jpg

衝撃的な本だった。   読み終わった後も、少し動揺している・・。

本の装丁にもあるように、これは自転車競技・・ロードレースの話。
ツール・ド・フランスくらいは聞いたことあるけど、ただ自転車で走ってタイムを競うもの程度の認識しかなかった。
そっか・・こういう競技だったんだ。  
エースがいて、そのエースをアシストするチームメイトがいる。
アシストはエースのためだけに走る。

サクリファイス=犠牲。  誰が誰の犠牲になるのか。
てっきり、主人公のチカ(男です)が、エースの石尾の犠牲になるという話だと思っていた。

なのに、話はそんな単純なものではない。
最初のページがひどい惨劇のシーンなので、読み進むうちにドキドキしてくる。
いつ、事故るんだろう。  どんな状況でなんだろう。
そこに至るまで、チームメイトの人間関係や、チカの過去の話などいろいろあり、話が二転三転する。
私の疑惑もあっちこっちと飛ぶ。
そして最後、ドカンとひっくり返された。
そんな・・そんな・・。  なんてことだろう。  こんなことって・・。
言葉が出なかった。  私は大きな勘違いをしていた。

とにかく面白かったです。   泣きそうになるくらいに。
[PR]
by heartfulwind | 2011-09-12 16:24 | 読書 | Comments(2)

TERRACE L(テラスエル)


昨日、美味しいランチ&お買い物のあとは、喉も乾いたのでお茶をしに行きました。
EDENにある、ランチはいつも長蛇の列のこのお店。
午後3時過ぎはさすがにすいていました。

ここ、ケーキの種類がいっぱいあるんですよ。
どれにしようか、とてもとても悩みました。    どれも美味しそうで・・。
結局、タルトショコラフランボワーズにしました。(お値段:400円)
お茶はローズマリーハニーティーです。(お値段:400円)

d0179686_1123134.jpg

ケーキ、ホントに美味しかったです!  他のケーキも全部食べてみたい。

そうそう、ここのお店、全部のテーブルにiPadが置いてあるんですよ。
指でひゅんひゅんめくりながら、ケーキを選ぶって感じで。
世の中、変わりましたね・・。
残念ながら、ネットはできませんけど。

d0179686_11351136.jpg

ガラス張りのとても明るくて素敵な店です。
テーブルとイスも、全部同じではなく何種類もあってどれもオシャレなんですよねぇ。
ただ、ドアが長~くて、とても重いです。(笑) 
 
d0179686_1137685.jpg

食べログHP
[PR]
by heartfulwind | 2011-09-10 11:49 | カフェ | Comments(0)