Heartful Wind

heartwind.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧

しゃぶ禅


ぶらんどーむ一番町、フォーラスの斜め向かいにある、しゃぶしゃぶとすき焼きのお店です。(地下)
中は広々としていて、個室もいっぱいあります。

こちらはランチのすき焼き定食。(1050円)
すき焼き久しぶりに食べました。   甘いタレで、お肉もとても美味しかったです。

d0179686_20551317.jpg

コーヒーもついちゃいますよ。

d0179686_20555588.jpg

お昼になると、あっという間に満席になりました。
お客さんの年齢層かなり高かったです。(笑)

d0179686_205652100.jpg

ぐるなびHP


仙台駅で、こんなものを買ってみました。
以前、ローカルテレビで紹介していて、ずっと食べてみたかったのです。

もち処「木の幡(このはた)」の凍天(しみてん)です。  
凍み餅(草餅)をドーナツ生地で包んで揚げてあります。

d0179686_2114742.jpg

不思議な食感で、すごく美味しい!

1個120円、仙台駅1F郵便局の向かいで売ってますよ。

お店のHP
[PR]
by heartfulwind | 2012-03-29 21:06 | ランチ | Comments(4)

辻村深月「光待つ場所へ」


d0179686_12402379.jpg

内容は全く知らずに辻村さんの本ってだけで借りてきたのだが、読んでみたら、今までの辻村さんの
小説のスピンオフだった。

「しあわせのこみち」と「チハラトーコの物語」と「樹氷の街」の3編からなる。

「しあわせのこみち」の登場人物には全く憶えなし。 それも当然。
まだ読んでない「冷たい校舎の時は止まる」に出てきた人の話だった。
「冷たい校舎~」読んでから、これ読めばよかったなぁ。
で、感想は・・天才と言われる人ほど、心が繊細で危なっかしいもんだなと。
ややこしいと言うか。(ちょっと理解できない部分あり) 
絵描きさんが一番そういう感じ。
田辺みたいな人と付き合うのは、むずかしそう。

「チハラトーコの物語」、これは「スロウハイツの神様」の話だからついていける。
トーコは加々美莉々亜よね。
でも、彼女の詳細はあまり記憶にないんだけど。
ま、イヤな女だってことは印象に残っている。
そんな彼女の話。  あいかわらず嘘つき。  ズケズケ物言うし、性格悪い。
でもその嘘は徹底してるし、けっしてぶれない。
嘘がバレても慌てない。 逃げない。 
プライドの高さがそれをしているんだろうけど、なかなか潔くて感心する。
でも彼女だって、人間。  重森先生との一件では、彼女らしくない弱みを見せてくれた。
重森先生っていい人だねぇ。  好きになってしまうのもわかる。
それと、トーコが磯山ミオを助け出したシーンはかっこよかった。
こういう場合は嘘も方便? 
これからも嘘をつき続け、生きていくあろうであるトーコ。
スマートに見せて、実は不器用な彼女を応援したくなった。
最後のガッツポーズがかわいかった。

「樹氷の街」、これはお馴染みのメンバー揃い踏み。
また会えたね、ふみちゃん。  この話は彼女が中学生の時。
メジャースプーンの「ぼく」こと、秀人ももちろん出てくる。
それと、神童と言われた松永くん。  多恵さんも。
合唱コンクール、中学の時やってましたよねぇ。  高校の時も。
音痴の私はみんなの足を引っ張るだけだったけど。
でも、練習とかは楽しかったな。  クラスもまとまるし。
演奏途中で、この話が終わってしまったけど、コンクールの結果はどうだったんだろう。
まぁ、結果はどうあれ、みんな一体になってやり遂げることが大事。
その達成感は一生の思い出になっただろうね。

3編とも、題名のように紆余曲折しながら「光待つ場所へ」向かっていく。
前向きな内容なので、読後感がとてもいい。
[PR]
by heartfulwind | 2012-03-28 12:47 | 読書 | Comments(0)

平山瑞穂「忘れないと誓ったぼくがいた」


d0179686_1543093.jpg

ファンタジーである。   好きな人が消える・・中学生の時に読んだ「時をかける少女」を思い出した。
あの本、とっても好きだったんだよなぁ・・。

「ぼく」はタカシ。  高校生。  そして、メガネやさんで知り合った「好きな人」が織部あずさ。
同じ高校の生徒だった。
あずさはもちろん美少女。  このシチュエーションで不細工はありえないよね。(笑)
フェイドアウトの感じも繊細で美しい。

大好きな人が消えてしまうのは悲しい。
忘れないよう、一生懸命努力するタカシ。
映像に残したり、ノートに書いたり。   でも忘れる。

まぁ、ピュアなラブストーリーなんだけど・・。
もう、私みたいなオバサンになると、こういう話ってあまり心に響かないっていうか。
えぇ、とてもきれいな話ですよ。
なんだか、せつなくて。  でもね・・。

さらっと読めて、後味も悪くない。
リアリティーもなくはないが、所詮ファンタジーですしね。
少し物足りなく思ったのは、私だけ・・かな。
[PR]
by heartfulwind | 2012-03-27 15:54 | 読書 | Comments(0)

トロピカルなバッグ


今回、アウトレットで買ったモノです。

コンサバな私はバッグも地味系が多いのですが、たまには・・とこんな派手派手バッグを買ってみました。

d0179686_16473791.jpg

なんか、早くもサマーって感じですよね。

このバッグよく見ると、柄の部分は布地で、外側がビニールで、Oや◇の模様になってるんですよ。
面白いでしょ?

d0179686_16495180.jpg

ちなみに、裏はまた違う柄になってます。

d0179686_16501993.jpg

ギンギンの太陽の下で持ち歩きたい。(笑)
[PR]
by heartfulwind | 2012-03-26 16:56 | お買い物 | Comments(0)

The Best Cheesecakes Cafe


広い仙台港アウトレットをあちこち歩いたあとは、のりちゃとも合流し、こちらで一休み。
こんなお店あったんですねぇ。  
アウトレットには何度も行ってますが、このたび初めてこのお店の存在を知りました。

こちらはチーズケーキセット。(お値段:800円)
チーズケーキは4種類くらいあったかな? 
私はメープルウォールナッツチーズケーキにしました。  
ドリンクはカプチーノです。

d0179686_13573529.jpg

ふわふわワッフルも気になりましたが、ランチのチーズオムレツがとても美味しそうでした。
次はぜひランチに行かねば。

d0179686_13584367.jpg

食べログHP
[PR]
by heartfulwind | 2012-03-25 14:02 | カフェ | Comments(0)

梵天食堂


今日はかぐや姫さんとまっきぃさんとランチしてきました。
目的は仙台港アウトレットですが、その前に近くで腹ごしらえ。

こちらは中野栄駅からすぐのところにあります。
今日はピリ辛味噌豚丼にしてみました。(お値段:787円)
ご飯の大盛りは無料。  ここの豚肉はやわらかくて美味しいです。

d0179686_22524032.jpg

もちろんフリードリンクつき。

d0179686_22531358.jpg

お席が個室のようになってるので、ゆっくり寛げます。

d0179686_22533756.jpg

お店のHP
[PR]
by heartfulwind | 2012-03-24 22:56 | ランチ | Comments(0)

桜木紫乃「LOVE LESS (ラブレス)」


d0179686_1824455.jpg

このタイトルと装丁、オシャレな恋愛小説かと思ったら、とんでもない!
主人公は北海道の貧しい開拓村で育った百合江。
彼女の波乱万丈の人生が綴られている。

戦後なので、それほど貧しくもなさそうなんだけど、かなりひどい生活。
父母と弟3人。  叔母にもらわれていって、10歳で実家に戻ってくる妹。
家族7人での気の毒なくらい貧しい生活の中で、彼女は後に旅芸人になる。

絵に描いたような不幸な人生を歩んできた百合江だが、華やかで幸せな時もあった。
でも、全体的に悲惨で暗い描写が多く、読んでてつらくなってくるのだが、彼女はくじけない。
強いなぁ・・。  子供を抱え、必死に生きていく様はすさまじい。

最後までとても気になってた娘の綾子。
幸せな人生を送っている様子がわかってほっとした。

母親のハギも、勝手に誤解してた部分が多く、最後に彼女の本当の人柄を知ることができてよかった。
駆け落ちだったなんて・・ね。  
酒飲んで暴力振るう卯一は大嫌いだけど、そういう恋愛の末結ばれたんだねぇ。
ハギが理恵に残した紙切れには、じーんときてしまった。

それと、高樹老人。  悪い人ではなかったんだけど・・見栄っ張りの強烈なマザコンでしたね。
でも、自分を産んでくれたお母さんはやっぱり大事。  
奥さんだって大事にして欲しかったけど、ただただ弱い人間で未熟で無器用な彼には、所詮無理だった。

それから最後に出てきた老人。  石黒かと思ったら、違っていた!  これは意外でした。
「ユッコちゃん、だいすきよ」・・これにはやられた。  もうもう涙が止まらなかった。

読後、なんともせつなくて悲しい気持ちになったけど、好きです、この本。
[PR]
by heartfulwind | 2012-03-23 19:09 | 読書 | Comments(0)

深大寺


すいません、東京ネタまだ引っ張ります。^^;  これで最後です。

実家近くの深大寺(調布市)に行ってきました。   
ウィキによると、天台宗別格本山の仏教寺院だそうで。  

で、目的は深大寺そばを食べること。
なんか、有名なんですよね、深大寺そばって。
お店はいくつもあるんですが、とりあえず駐車場があいてるお店へ。   結局少し並びましたけど。

頼んだのは「むじな」。(お値段:800円)   きつねとたぬきが両方入ったおそばです。
「同じ穴のむじな」のむじなですよね。   アナグマってヤツですか。

d0179686_17194074.jpg

う~ん・・手打ちって感じのようですが・・普段食べるおそばとあまり変わらないような?(笑)

d0179686_17221955.jpg

d0179686_17222715.jpg

せっかくなので、食後はお参りに・・。

こちらは本堂。

d0179686_1723193.jpg

こっちは、元三大師堂。

d0179686_1724936.jpg

この深大寺の敷地内に、鬼太郎茶屋ってのがありまして。
鬼太郎グッズが売ってる妖怪ショップや、お茶が飲める妖怪喫茶があるんですよ。
この妖怪喫茶のメニューが楽しい。
「目玉おやじのぜんざい」とか「ぬりかべの味噌おでん」とか「一反もめんサンデー」とか。(笑)

鬼太郎茶屋のHP

d0179686_17334014.jpg

みんな勢ぞろいしてたので、私もお仲間に入れてもらいました。(笑)

d0179686_17341776.jpg

[PR]
by heartfulwind | 2012-03-22 17:39 | お出かけ | Comments(2)

ロイヤル コペンハーゲン ティーラウンジ (新宿)


新宿伊勢丹本館5Fにあります。
ティーセットは、もちろんすべてロイヤルコペンハーゲンの食器を使っています。

こちらはチーズケーキセット。(お値段:1575円)   紅茶はアッサムです。
ブルーフルーテッドの柄のカップでいただくお茶は、なんとも優雅な気分に浸れます。

d0179686_16511166.jpg

お店のHP


ちなみに、私はデパートの中では新宿伊勢丹が一番お気に入りです。
で、この日は春物を買いました。
色が落ち着いたブルーなんですけど・・ちょっとグレーっぽく見えますね。  麻100%のカーディガンです。

d0179686_1648496.jpg

[PR]
by heartfulwind | 2012-03-21 16:53 | カフェ | Comments(4)

しながわ水族館


ランチのあとは、お友達のマリナさんと「しながわ水族館」へ行ってきました。
まだ東京にいる頃、出来てすぐに行ったのですが、大変な混みっぷりで行く途中で断念したんですよ。
何年もかかって、ようやく行けました。(笑)
やっぱり、水族館は平日に限りますね~。  あまり人いなくて、ゆっくり見られました。

ペンギンさん。   これはフンボルト・・ではなかったでしたっけ?^^;
そういやあ、どこかで逃げ出したフンボルトペンギンいましたよね。  あの子は今どこに・・?

d0179686_16531471.jpg

よくドラマなどで見かけるトンネル水槽。  青ーい。  記念にマリナさんに撮ってもらいました。(笑)

d0179686_16554715.jpg

大きなエイ。   動きが早くて、うまく撮れないし・・。

d0179686_17295921.jpg

この魚、顔が怖いんですけど。

d0179686_17413.jpg

ただいま放電中。   かなり大きい電気ウナギ。

d0179686_17311647.jpg

この魚、ナメダンゴって言うんですが、大きさは2センチくらい?   
ヒレに吸盤がついてて、岩に張り付くらしいです。

d0179686_1659686.jpg

可愛いクマノミ。

d0179686_170051.jpg

アシカショーも見ちゃいました。

d0179686_1703239.jpg

飼育員さんの言うことを聞いて、とても上手に芸をします。

d0179686_171445.jpg

やたら大きくて迫力ありました。  シャークホールにいた鮫さんです、

d0179686_175434.jpg

しながわ水族館HP
[PR]
by heartfulwind | 2012-03-20 17:09 | お出かけ | Comments(0)