Heartful Wind

heartwind.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ラ・サルテン


今日はとてもいいお天気の中、kakoさんかぐや姫さんとランチしてきました。

行ったのはスペイン料理のお店です。
場所は藤崎から日銀を右手に晩翠通りまで歩き、通りを渡ってすぐ右です。

こちらはサルテンランチコース。(お値段:1000円)

最初に出てきた前菜は、白魚と舞茸のフリットサラダです。

d0179686_19391070.jpg

スープは、根菜6種のポタージュ。  2種類ありました。  
もう1つは具沢山ミネストローネ、ラスク添えです。

d0179686_19395084.jpg

メインは4種類で、豚ロース肉とフレッシュトマトの香草パン粉焼き、バルサミコソースにしました。
他のメインは、お魚料理とパスタとオムライスでした。

d0179686_1944524.jpg

パンかライスか選びます。   パンにしました。

d0179686_1945454.jpg

最後にドリンクとデザート。   これで1000円は素晴らしい!  とても美味しかったです。

d0179686_23223620.jpg

d0179686_19461487.jpg

ぐるなびHP


かぐや姫さんから、手作りのマドレーヌをいただきました。  すごいなぁ・・手作りだもの。
帰ってからすぐいただきましたが、しっとりして、とても美味しかったです。
かぐや姫さん、ありがとうございました。

d0179686_19475484.jpg

[PR]
by heartfulwind | 2012-05-31 19:52 | ランチ | Comments(4)

ベランダのお花


ようやくこちらも気温も安定し、いい陽気になりました。
暑くもなく寒くもなくてちょうどいい快適な春です。

で、今年もガーデニング始めました。

毎年最初に咲いてくれるサクラソウ。

d0179686_16335415.jpg

次に咲くのは、シラン。

d0179686_1635171.jpg

冬の間にだいぶ枯れちゃったんですけど・・とりあえず咲きだしたキンギョソウ。

d0179686_16355595.jpg

これもかなり枯れました。  残ってる部分で、なんとか咲いてくれたディモールフォセカ。

d0179686_16382670.jpg

以下、今年買ったお花。   

カナツェイフォーエバーという名のついたミニバラです。

d0179686_16394116.jpg

どっさり咲いてます。   鮮やかなナスタチウム。

d0179686_16434364.jpg

サマーソングディープローズという名のマーガレット。   これ、花もち(ずっと咲いてる)がいいです。

d0179686_16452212.jpg

今年のペチュニアは、パープルのブリエッタ。

d0179686_16463678.jpg

もう1色のペチュニアはイエロー。

d0179686_16472963.jpg

可愛いベゴニアです。

d0179686_16491990.jpg

もっとお花買ってこようっと。(笑)
[PR]
by heartfulwind | 2012-05-30 16:52 | ガーデニング | Comments(0)

桃季(とうり)


ホテルメトロポリタン仙台にある中国料理のお店です。
こちらは海鮮あんかけ焼きそばセット。(お値段:1700円)
単品はなく、一番安いお料理がこのお値段でした。(さすがホテル・・高い・・)

焼きそばは具沢山でとても美味しかったです。
カニとかのっちゃって、なかなかゴージャス。

d0179686_2243245.jpg

飲茶もつきます。

d0179686_22341183.jpg

デザートは杏仁豆腐でした。

d0179686_2235869.jpg

何年ぶりかで行きましたが、内装変わりましたね。   店内、落ち着いた雰囲気です。

d0179686_22365674.jpg

d0179686_22373525.jpg

ぐるなびHP
[PR]
by heartfulwind | 2012-05-29 22:40 | ランチ | Comments(0)

辻村深月「ふちなしのかがみ」


d0179686_133950100.jpg

ここを覗いてくださる方々には周知のことと思いますが、私は辻村さんが大好きです。
↓の中島さんに並ぶほど。

で、この本。 
表紙もお花が描かれてたりして色合いもきれいだし、辻村さんの作品はすべて制覇したいので、
迷わず借りてきた。
読み始めて失敗したと思った。  これは私の苦手なホラー短編集だった。
辻村さんってホラーも書くんですか?!
でも、それほど本格的なホラーってわけでもない気がする。
私は十分怖かったけど。

特に最初の「踊り場の花子」。  この短編集の中では一番怖かった。
ありましたね、トイレの花子さん。   都市伝説の1つとして。  
でも、よく出来た話だった。  ラストには謎解きも待っていて、「あぁ、そういうことだったのか」と。
チサ子の変貌がみごと。  もうやめて!と言いたいくらい。
相川先生、永遠に無限階段にいてください。  

次は「ブランコをこぐ足」。
アルプスの少女ハイジの「口笛は何故~♪」からこの話は始まるのだが、このブランコ、アニメを分析すると、
時速60キロを超えてるんだって。
それを踏まえて・・。
学校のブランコで亡くなった女の子。   ブランコをこぎ過ぎて体が吹っ飛んでしまった。
ここで登場するのは「コックリさん」と同じような「キューピッド様」。
コックリさんは聞いたことあるけど、キューピッド様ってホントにあるの?
いずれにしよ、こういう世界は信じてないというか・・信じてしまうから?怖くて近づけない。
亡くなったみりちゃんは、なぜ飛んだのか。
キリエと同じように、怪我だけしたかったのか?
結局あやふやな感じで、終わってしまうので、ちょっと不完全燃焼。
私が読みとれないだけか?

「おとうさん、したいがあるよ」・・これはもうそのまんま、死体だらけの話で。
死体がいっぱいなのに、なぜこの家族、バカに冷静なのか?
このネズミを殺すための赤い餌をボケた祖母がご近所の人に出して、みんな死んでしまった?
現実と想像の境界線が不確か。  郵便局員は現実の話だよね?
あの死体は、全部ネズミ?   
なんだか、みんな疑問形で・・結局よくわからなかったのよ。
ぼやっとした不思議な世界のお話ってことで。

「ふちなしのかがみ」、これもまた現実と妄想がわからなくなっちゃって。
さっき、表紙がきれいだと書いたけど、裏表紙を見ると、このお花のカタマリが女の子の頭だったことが
わかる。
このヒモのようなものは髪の毛。   赤いロウソクに囲まれて。
題名の「ふちなしのかがみ」の世界。
最初に出てくるマイコとサキは学生だよね?
で、香奈子も同じくらいだと思っていたんだけど、実際は違うってことだよね。
冬也と父親を錯覚してるのは、すでにその時点で香奈子は壊れていた・・ってこと?
優香ちゃん・・かわいそうに。  ママが大好きなのに。
最後の最後に種明かし。  うまい。  ちょっと私的に予想外の結末でした。
にぶいだけか、私。^^;

「八月の天変地異」、これはホラーというか、ファンタジーですね。
子供ってホントに残酷。  意識せずにだからね。  相手の気持ちなんか全く考えない。
しかし、想像上の「ゆうちゃん」が本当に現れちゃったのにはビックリ。  嬉しくなってしまった。
これまたどこまで現実だかわからなくなってしまうのだが、実は・・。
悲しい話でもあるのだが、ちょっと心温まる終わり方だった。

最後の「あとがき」。
私は辻村さんの「理想の読書のかたち」に、どんぴしゃあてはまっちゃいました。
笑っちゃうくらい。
読み終わってみれば、面白かった。
次は何を読もうかな。
[PR]
by heartfulwind | 2012-05-26 14:40 | 読書 | Comments(0)

中島京子「花桃実桃」


d0179686_16474357.jpg

大好きな中島さんの本です。
今回もとっても面白かった。   次はどれを読もうかと、今からわくわくする。

43歳の独身、花村茜。   彼女が主人公。
父親が突然亡くなり、その父親が残したアパート「花桃館」を相続して管理人となる。
その店子である住人達とのからみが中心のお話。

103号室に住むのは、どうも父親の彼女らしかった李華ばあさん。
この人さ、おばあさんのくせに(といってもそれほど歳とってはいないらしいが)脚がすごく速くて。
話してる最中なのに、突然韋駄天走りで逃げてっちゃうんだよね。
面白過ぎる。

それから、少し強く言うだけで、ぽろぽろ泣きだしてしまうウクレレ少年ハルオ。
ウクレレっていうところがまたいい。  
陽気なイメージがあるウクレレも、曲によってはとても悲しいメロディを奏でたりする。
深いのね、楽器って。

201号室は、ラーメンの小池さんみたいなお父さんと、陸・海・空という息子3人の家族。
なんで陸・海・空なのかって、母親が自衛官だったから。
こういうところでも、いちいちおかしくてひっかかってしまう。
でもこの息子達、実は大変なのよね。  頼れるお兄ちゃん陸の悩める姿が、なんだか気の毒で。
これじゃあ、絶対心配だよね。  でも、子供って可愛い。

あとは、整形マニアの日名子、亡くなった妹の残した猫を飼うハンチング槌田、クロアチアから来た詩人。
それと、実は・・の老夫婦。   不動産屋の太ったハゲ親父に、下着泥棒まで。
この奇抜な面々とのやりとりは、隅々までホントに楽しい。  

でも、楽しい話ばかりでもなく、せつなく悲しい話もところどころ。
特に、43歳独身の茜の悩みなど、同じ中年の域にいる私としては「わかる、わかる」ってうなづくところ多し。
ただ、すべて結果的にいい方向に進んでいくので、ラストまで心穏やかに読める。

ことわざマニアの同級生尾木くんと、百人一首を愛するイヴァンのおかげで、いろいろ勉強になったな。
漢字好きな私としては、知的な尾木くんの喋る言葉はなかなか興味深かった。
しかし、それに答える茜のユニークな発想がたまらなくおかしい。
そのまま終わっちゃったけど、この2人結婚したらいいのになぁ。

登場人物の中で、特に気に入ったのはアパートの前の寺の住職。
セリフ2個しかありませんけどね。   ウケました。
それと、笑いが止まらなかったのは、蜻蛉日記に出てくる一文の、受験生と茜の現代語解釈。  
尾木くんがソファからすべり落ちたのもわかります。

まだまだ蛍光ペンで塗っておきたいくらいの、楽しい箇所いっぱいあるんだよねぇ。
キリがないので、この辺でやめておきますが。

とにかく、中島さんのセンス大好き。  
めりはりきいてて、ユーモラスで、温かくて、本当にいい本だった。
[PR]
by heartfulwind | 2012-05-25 18:09 | 読書 | Comments(0)

kazunori ikeda individuel


南町通りにあるケーキ屋さんです。
こんな素敵なお店があったんですねぇ・・。
かぐや姫さんに教えていただいて、ランチのあと2人で行ってきました。
場所は明治屋の斜め前あたりです。

奥にカフェスペースがあります。
そこで、ダージリンとケーキをいただきました。(ダージリンのお値段:400円、ケーキのお値段:390円)  
ケーキはショーケースから好きなものが選べますよ。

d0179686_10151094.jpg

ティーポットで出てきたので、紅茶は2杯半くらい飲めたかな。
取っ手のないカップだったので、手がちょっと熱かったです。(笑)

並んでるケーキはどれも美味しそうでしたが、カラフルなマカロンもとっても美味しそうでした。

d0179686_10172763.jpg

お店のHP
[PR]
by heartfulwind | 2012-05-24 10:19 | カフェ | Comments(0)

jinen bar Kuccina


今日はかぐや姫さんをお誘いして、仙台にランチに行ってきました。
昨日は雨なんか降って寒くて、今日は23度まで上がると予報では言ってたのに、絶対そんなに気温
上がってないはず。
風冷たくて、まだコートなんか着ちゃってますよ。

こちらは、和包丁のイタリアンのお店です。
場所は藤崎からすぐ、日本銀行の手前です。(地下2階)
残念ながら、ランチはピッツァのみ。   パスタとか食べてみたかったなぁ・・。
ピッツァはマルゲリータとバジルのハーフ&ハーフにしました。(お値段:1000円)

d0179686_17175146.jpg

生地にはバジルが練りこんであり、もっちもちです。(断面が緑色!)
私はパリパリと薄いピッツァより、こういうふんわりもちもち系が好きです。  
コンソメスープには、お豆が入ってました。

コーヒーもつきますよ。

d0179686_17202931.jpg

イタリアっぽいオシャレな店内です。

d0179686_17211792.jpg

お会計が終わったら、シェフがわざわざ厨房から出てきて、ドアを開けてお見送りしてくれました。
なんて感じいいの!

d0179686_1722346.jpg

ぐるなびHP
[PR]
by heartfulwind | 2012-05-23 17:28 | ランチ | Comments(0)

三浦しをん「私が語りはじめた彼は」


d0179686_17562428.jpg

三浦しをんさん、先日本屋大賞を受賞しましたね。
意外に若い女性で、ちょっとびっくり。
「舟を編む」、機会があったら、ぜひ読みたい。

三浦さんの本は4~5冊しか読んでないのだが、その中では「まほろ駅前多田便利軒」が一番好きだ。
とにかく面白かった。
つい吹き出してしまう箇所満載で、会話もテンポいいし、登場人物も楽しくて温かい。
そのイメージがあったのだが、この本は驚くほど暗くて重い内容だった。

女癖の悪い大学教授村川融。
彼を取り巻く女たちや家族の話が、6章で構成されている。
本人はあまり出てこない。

最初は、思わずぞっとして鳥肌が立つ話で始まる。
村川とは全く関係ない二千年以上前の皇帝の話なんだけど、これがかなり衝撃的で。
そんな始まりの第1章は、村川の妻と部下の三浦の会話で占められるのだが、ひどい話で、読んでて
気分が悪くなる。

次の章は村川の浮気相手の家族の話。
その次は村川の息子の話、その次は娘の話・・という風につながっていく。
それぞれ、ぐっと入り込んでしまう展開があって、ある意味面白い。   
やっぱり三浦さん、うまいですよ、表現が。   
眉をひそめるような呆れた話ばかりなんだけど、引きこまれてしまうんだよなぁ。

「残骸」の家族、今後このまま問題なくうまくいって欲しいなぁ。   千沙ちゃんのために。

「予言」の呼人くん。   最悪の結末にならなくて一安心。(事故ね)
椿くん、いい奴だねぇ。   彼と友達になってよかった。

「水葬」の綾子は、最後どうなるのかな・・と心配したんだけど、結局残念な結果に。
かわいそうだなぁ・・。

出てくる人物は、それぞれ胸が苦しくなるようなつらい事情があったりして、なんだか哀れ。
思わず感情移入してしまい、読んでて心が痛くなった。
どろどろの連続で、読後はハッキリ言って疲れた。    気分が落ち込んだ。 

でも読み応えがあって、印象に残る本だった。 
[PR]
by heartfulwind | 2012-05-22 19:03 | 読書 | Comments(2)

駅弁「海鮮常長弁当」


ただいまです~。   
ちょっとご用がありまして、木曜から東京の実家に帰っておりました。
先ほど、新幹線でこちらに到着。
仙台はちょっとひやっとして、空気が澄んでる感じがして気持ちいいかも。

で、今回仙台駅で買って食べたお弁当はこちら。
南三陸石巻特選「海鮮常長弁当」です。(お値段:1100円)
なんか、これ前に買った気がするな・・。  もしかして、もう一巡したか?^^;

d0179686_18252458.jpg

舟形の笹包みの小女子めし、牡蠣の佃煮、さんまつみれフライ、帆立照り焼き、笹かま、長なす漬けなど。

今回もとっても美味しくいただきました。

d0179686_18271458.jpg

[PR]
by heartfulwind | 2012-05-21 18:29 | 日々のこと | Comments(4)

N-plus Cafe


昨日、雨の中を歩いてお買い物などしたあとは、こちらのカフェへ。
クリスロードのソフトバンクを曲がって、少し行った右(2F)にあります。

先日と同じ、ドリンクつきデザートの盛り合わせセットで。(お値段:700円)
デザートは毎回変わるようですね。(前回こちら
あいかわらず豪華な内容で、美味しかったです。

d0179686_16525354.jpg

d0179686_1653426.jpg

食べログHP
[PR]
by heartfulwind | 2012-05-16 16:57 | カフェ | Comments(0)