Heartful Wind

heartwind.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

歌野昌午「ハッピーエンドにさよならを」


d0179686_168498.jpg

まさに題名通りハッピーエンドではない11話の短編集である。
なので、ラストはどれも救いようがない暗い話ばかり。
でも、なかなか読みごたえがあった。

気に入ったのは、「おねえちゃん」と「死面」と「In tha lap of tha mother」と「尊厳、死」かな。
歌野さんはミステリー作家なので、最後におっ!そうきたか!と予想を裏切る展開が待っていたりする。

「おねえちゃん」は誰か?  理奈がそれを知っていたら・・。
後の祭りだけどね。   理奈はこのまま病院送りなのかな。

「サクラチル」は、なんだか気の毒な話で。
東大あきらめて、早稲田か慶応に入っていればよかったのに。
それも無理か。   なにがなんでも東大だったんだよねぇ。   

「消された15番」は、なんとなく気持ちわかるっていうか。
母親にとって、たった1人の大事な息子だもんね。
最後の晴れ舞台。   「諒承できない!」・・確かにその通り。
ケイちゃん、今どこにいるんだろうねぇ。   会いにいってあげて欲しい。

「死面」、語り手の小学生の男の子。   実は彼は今・・。
最後にびっくり。   幸子の怨念がこういう結果を生んだんだね。
しかし、遊ぶ金欲しさに殺すか?   情けない奴だ。

「防疫」、教育ママがここまでエスカレートしてしまうと・・。
なんだか、ずっと由佳里ちゃんが可哀想だったんだけど、まさかまさかの結末で。
ああいう母親って実際いるんだろうね。   
そりゃ、他人と比べて、自分の娘が優秀でいて欲しいと願う気持ちはわかるけど。
しかし、由佳里は絶対子供産んじゃいけませんね。
っていうか、彼氏引くよね。   あんな話されたら。   絶対結婚できないよ。

「玉川上死」は、まさかの犯人だった。
秋山くん、頭いいよ。(感心してどうする)   完璧なアリバイ工作だね。
でも、バレたか。   残念でした。
これもまた、後味の悪い最後で。

「殺人休暇」、これ、最後の敏江のひとことはどういう意味?
実は戸部は死んでないとか?   ちゃんと死んだんだよね?
敏江はまさか死ぬとは・・なんて思ってたのかな。
いずれにしても、戸部は異常だから、いなくなってくれて正解でしょう。
でも、胸は痛むよね。  お姉さんに生き写しかぁ。   
そういう事情があったことは、同情してあげるよ。
とはいえ、エキストラを雇うとか、とても用意周到で賢い策に感心。  やるねぇ。

「In tha lap of tha mother」、このlapの意味は膝。
車の中に置きっぱなしとかではなく、自分の膝の上に座らせていたのに・・。
朝から何も食べさせてないって、ひどい話。  
夕方4時まで6時間もやり続けってすごい。   で、全く気付かなかったの?
コワイねぇ、パチンコって。  バカな母親だ。

「尊厳、死」、これも最後のひとことに意表を突かれた。
あらら、すっかり勘違いしてたよ。
フジエダさんも悪い人じゃないんだけどねぇ。   かなり自己陶酔型でしたね。
まぁ、ホームレスにもそれぞれ事情があるんだろうけど、やっぱり近くにいたら私も眉をひそめちゃうな。
でも襲撃は以ての外。   相手は無抵抗なんだから。  

こんな感じで、最後までアンハッピーな話が続く。
さすがに気が滅入りましたね。
[PR]
by heartfulwind | 2012-07-30 17:12 | 読書 | Comments(2)

LINKS


昨日のランチのあとは、かぐや姫さんのリクエストでこちらへ。
あおば通りを挟んで、ダイエーの斜め向かいあたりにある紅茶と洋酒のお店です。

いつもはめちゃウマのアイスロイヤルミルクティーを飲むのですが、店内冷房がきいてて、暑さもすっかり
吹っ飛んだのでポットティーにしました。
マスクメロンティーです。(お値段:620円)
ランチがもの足りなかったので、バナナシフォンケーキをつけました。(お値段:263円)

d0179686_1120827.jpg

このラズベリー?柄のウェッジウッドのカップ可愛かったなぁ。
ケーキ皿もウェッジウッドかしら・・。

落ち着いた雰囲気の素敵なお店です。   駐車場の隣のビルの地下にあります。

d0179686_11552579.jpg

食べログ
[PR]
by heartfulwind | 2012-07-29 12:01 | カフェ | Comments(0)

BISTROTHAI (ビストロタイ)


東北地方もすっかり梅雨が明け、夏本番です。   今日も実に暑かった・・。(;-_-;)

暑い日にはやっぱりタイ料理?
カンカン照りの中、かぐや姫さんとまっきぃさんと仙台でランチしてきました。
本町の錦公園の近く、デジタルアーツ仙台の向かいにあるタイ料理のお店です。

ランチはイエローカレーとガパオとパッタイとタイラーメンの4種類。 
タイ風やきそばのパッタイにしました。(お値段:790円)   サラダもついてます。
米麺で、甘酸っぱい味付けです。   辛いお酢や唐辛子など、調味料が4種類出てきました。
ランチのドリンクは100円なので、タイのコーヒー牛乳を頼みました。
フツーのコーヒー牛乳でしたけどね。

d0179686_20542023.jpg

美味しかったのですが、もうちょっと量があったら嬉しかったかも。(笑)

お昼はほぼ満席になります。  

d0179686_20553063.jpg

食べログHP
[PR]
by heartfulwind | 2012-07-28 21:05 | ランチ | Comments(0)

山本幸久「美晴さんランナウェイ」


d0179686_1793527.jpg

27歳独身、勝手気ままな叔母美晴さん。
そんな自由奔放な美晴さんのことを、中学生の姪っ子世宇子の目線で書いた本。
表題通り、美晴さんは肝心な時に逃亡する。

本能のまま生きてる・・というか、美晴さんが全く赤の他人ならば、楽しい。
でも家族は大変だなぁ。   かなり振り回されてますね。
卒業式から逃亡、母親の葬式から逃亡、自分のお見合いから逃亡。   周りは迷惑よね。

まぁ、でもやってることは可愛いもんで。  
全体的にはほんわかコメディ。

ラストも楽しい終わり方。  
もしかして、また逃げちゃう?・・なんて心配もしたけど、さすがにそれはなかったね。

あと、勉おじさんが気になっていたが、なんとかやってるようで安心した。
自由くん、頑張ってね。   お母さん、迎えにくるのを待ってるよ。
[PR]
by heartfulwind | 2012-07-27 17:40 | 読書 | Comments(0)

駅弁「ありがとうの詩」


今回東京へ行く時、仙台駅で買った駅弁はこちら。  「ありがとうの詩」です。(お値段:1000円)

温かい手を差し伸べてくださった全国の皆様へ、被災地から感謝の気持ちを込めて・・。
東北に来てくださった方々に、ぜひ食べていただきたいですね。

d0179686_2093540.jpg

d0179686_2095235.jpg

お献立はこんな感じ。

d0179686_20105677.jpg

今回も大変美味しくいただきました~。
[PR]
by heartfulwind | 2012-07-25 20:13 | 日々のこと | Comments(0)

熊本旅行


すいません、またもやブログの更新がストップしてました。

先週は3泊4日で、友達と熊本へ旅行してきました。
1泊はホテル、あとの2泊は会社勤めをしていた時の後輩のお宅へ。(東京から熊本へお嫁に)

1日目。  羽田からJALに乗り、熊本空港に降りたら、さすがに暑い!  湿気ムンムン。
ホテルに荷物を預けて、まず腹ごしらえ。

ホテルの方に美味しいお店を教えてもらい、熊本ラーメンを食べに行きました。
スープは豚骨と鶏ガラをブレンド。  麺はストレートです。

d0179686_22152874.jpg

めちゃめちゃ美味しかったです!  夫に食べさせてあげたかったなぁ。

d0179686_2216750.jpg

おなかが膨れたら、近くの熊本城へ。
熊本城へは短大の時の卒業旅行で行ったので、二十何年ぶり?
あいかわらず、お城は黒かった・・。

大小2つの天守閣。   なんか、空が怪しいですねぇ。  
お天気はめまぐるしく変わり、晴れたり曇ったり雨降ったり・・。
ちなみに、手前に座ってるのは私です。

d0179686_22174250.jpg

本丸御殿の中の昭君之間。    装飾が美しいですねぇ。

d0179686_22181717.jpg

夕飯は熊本名物を食べに行きました。
熊本といえば、やっぱり馬刺し。   いただきましたよ。
白いのが「たてがみ」。  首の部分の脂で、赤身の馬刺しと一緒に食べるのです。
刺身醤油が・・やたら甘い!

d0179686_22183949.jpg

馬ビンタの炭火焼。   ホホ肉です。   ちょっと牛タンみたい?

d0179686_22195633.jpg

馬肉の桜シチュー。   やわらかいです。

d0179686_22202632.jpg

揚げ辛子蓮根。   冷たいとキツイそうですが、これは揚げてあるので大して辛くなかったです。

d0179686_22203272.jpg


他に、野菜サラダ、芋饅頭の柚子あんかけ、帆立の胡麻クリーム、お刺身漬丼、抹茶プリンがついた
2500円のコースでした。(1ドリンクサービス)    お料理全部美味しかったです。   大満足。
泊まったホテルサンルート熊本の裏にあります。

d0179686_22212321.jpg

2日目。   午前中高速バスに乗り、熊本市から後輩の住む人吉市へ。(鹿児島県との境にあります)
後輩とは18年ぶり?の再会ですよ。   お互い変わったかはおいといて(笑)会えて嬉しかったです。

さっそく車で、ゆのまえ温泉「湯楽里(ゆらり)」へ連れていってくれました。  
露天風呂サイコー。

d0179686_22221232.jpg

d0179686_22222954.jpg

たっぷり浸かったあとは、球磨焼酎ミュージアム「白岳伝承蔵」へ。 
友達は米焼酎を試飲、私は梅酒を試飲。   甘くて美味しかったです。

d0179686_22233256.jpg

3日目。   今回の旅行で一番楽しみにしていた球磨川下りへ。   球磨川は日本三大急流の1つです。
しかし、連日の大雨で増水のため、急流コースはお休みで清流コースだけでした。   う~ん、残念。

こんな風に雨降りでしたが、屋根と脇に覆いが。   一応カッパ買いましたけど。
一緒に乗ったおばちゃんたちが、やたら陽気で楽しかった~。 

d0179686_22251856.jpg

ほとんど穏やかな流れでしたけど、たまにはこんな急流も。   もっと揺れれば面白かったのに。

d0179686_22262724.jpg

その後は、球泉洞へ。   九州最長の鍾乳洞です。   中はひんやり。

d0179686_2227898.jpg

d0179686_22274674.jpg

d0179686_22275978.jpg

お昼ご飯は、道の駅大野温泉で。   このバイキングなんと600円ですよ!   リーズナブルだわぁ。
田舎料理ですが、どれも美味しかったです。(特に煮物と揚げ物が) 

d0179686_22284859.jpg

オープンしたばかりで、温泉がお安くなってたので、みんなで入ってきました。(250円だったかな?)
人が多過ぎて、写真は撮れず・・。

d0179686_22291913.jpg

それから国宝青井阿蘇神社へ。  おみくじを引いたら大吉!  後輩はここで結婚式を挙げたそうです。

d0179686_22295472.jpg

4日目は宮崎の高千穂牧場へ。   広いです。   だいぶ雲行きが怪しいですね。

d0179686_22322712.jpg

せっかくなので、記念に。(笑)   左が私。

d0179686_2233163.jpg

牧場に来たら、お決まりのものを食べなくちゃ。
ソフトクリームに牛乳、プリン、ジャンボシュークリーム。   みんな美味しい!

d0179686_22341858.jpg

d0179686_22342072.jpg

最後に、鹿児島の霧島神宮へ行ってきました。   みごとに雨降ってます。

d0179686_2235630.jpg

君が代に詠まれているさざれ石です。

d0179686_22353437.jpg

それから鹿児島空港まで後輩に車で送ってもらって、夜羽田に帰ってきました。

買い物ツアー的にお土産もいっぱいゲット。
柚子胡椒、馬肉の塩焼き、銘菓陣太鼓、肥後餅、芽かぶ茶、八女茶、デコポンゼリー&プリン、
かるかん、薩摩揚げ。
見るものすべて美味しそうで、バッグに余裕があれば、もっと買ってきたかったです。
これはほんの一部ですが。

d0179686_2236678.jpg

本当に本当に楽しい旅でした。 
今回の素敵な旅に誘ってくれたOさん、感謝しています。
泊めてくれたSさんとご家族の皆様、大変お世話になりました。
あちこち連れて行ってくれてありがとうございました。  

観光するところはいっぱいあるし、食べ物も美味しいし、九州ってホントにいいところですね。
また行きたいです。   球磨川急流下り、ぜひリベンジしたいし。
[PR]
by heartfulwind | 2012-07-24 22:48 | お出かけ | Comments(2)

乾ルカ「あの日にかえりたい」


d0179686_12394371.jpg

心にひっかかって、ずっと気になってる過去の出来事・・あの日にかえって、もう1度やり直したい。
そんな強い思いを持つ6人の話。
一応、ファンタジーなのかな。  6人はみんなあの日にかえることが出来る。

「真夜中の動物園」
なんとも不思議な話で・・。
主人公の男の子は、学校でいじめに遭っている。
今、いじめがちょうど世間で注目されてますよね・・。
この男の子は、なんとかいじめから逃れるんだけど。
真夜中の動物園で、彼におこった不思議な出来事。
あのオジサンは男の子・・だった?  いや、それも違うような・・。
う~ん、掴みどころがないんだけど、じんわりとくる話だった。

「翔る少年」
これは、泣けたなぁ・・。
去年の大震災を思い出してしまった。
これは北海道南西沖地震の話だけどね。
幼くして亡くなってしまった男の子。
その新しく来たお母さんの願いが叶えられた。
最後の作文が・・何度読んでも涙が止まらない。

「あの日にかえりたい」
これが表題の作品。  花の中に車椅子が・・。
石橋老人は、亡くなったら輪廻転生をして、また奥さんと出会って一緒になって、2人で人生やり直した
かったんだよね。  自殺じゃダメだから。
だって、名前一緒だもの。  生まれ変わりだと思うわよ。
石橋老人の気持ちを思うと、本当につらかった。

「へび玉」
これもまたとても悲しい話。  この本は、そういう話が続けざまにくるので、気分がずんずん落ちていく。
中学校での部活の仲良し同級生5人。
みんなそれぞれ将来の夢を持ち、これから輝く未来が待っていたであろうに。
なんで15年後に1人なんだろう?と疑問に思っていたら、まさかの・・。
この部分は、ショックを受けて胸がドキドキしてしまった。   そっか、そういうことか。
残った彼女の気持ちを思うと、なんともやりきれない。

「did not finish」
すでに34歳、アルペンスキーの選手としてはピークも過ぎ、でもまだ競技をやり続ける。
世間にも見放され、でもまだしがみつく彼は、本当にアルペンを愛しているのだ。
アルペンを始めたきっかけは、子供の頃の思い出。
そこに戻って、言うつもりだった言葉は、やっぱり・・。
幸せな人生だったんだね。  
こういう形で終わってしまった人生だけど、最後の彼の微笑んだ顔に救われた。

「夜、あるく」
これは、ちょっと筋が読めましたね。
老女には雪が降り、女の子には雪が降らない。
違う場所にいる2人が、同じ場所に存在する。   なるほど、そういうことね。
明日まで生きてみてよかったと思えることが、本当にあってよかった。
この最後の話だけ、少し気分が明るくなれた。

悲しい話の連続だったけど、泣きながらもほっとする部分もあり、ある意味面白かった。
でも気分がヘコんでる時は、読まない方がいいかなぁ・・。^^;
[PR]
by heartfulwind | 2012-07-16 15:36 | 読書 | Comments(0)

明川哲也「大幸運食堂」


d0179686_18422896.jpg

なんか、縁起良さげな名前の食堂。  いいことにあやかれそうで借りてみる。

この作者の明川哲也って、ドリアン助川さんだそうだ。
名前は聞いたことあるんだけど・・何してる人だっけ?^^;
ウィキで見たら、ロックミュージシャンでもあるらしい。   ふむふむ・・。

で、この本は8編からなる短編集。
「大幸運食堂」というお店が本当にあり、それぞれの作品に少しずつ登場する。
そのお店の近くにいる、ホントに一般的な、どこにでもいそうな人達の日常の話。

最初の「黒猫のミーコ」はちょっと泣いてしまった。
かわいそうだけど、ラストはほんのり心が温まる話。
でも雅代さんがなんだかすごく気の毒。   
夫も性格悪そうだったけど・・最後はちょっと見直した。

「三姉妹」は、なんだか期待される終わり方。
きっといい方向に進むね。  がんばれ、洋平さん。

「明滅」は、克之くんの家庭環境に同情していたら、マルくんが・・。
そういうことになっちゃうとは、私もびっくり。
なんだか、哀しい結末だった。

「本番、スタート」は映画の小道具係の隆之さんの話。
ヨネさんっておばあちゃんかと思ったよ。(笑)
割れてしまった瓶の事情は泣けてしまった。  そっかぁ、そういうことだったんだぁ。
しかし、ヨネさんったら。  そこまでやっちゃう?  ありがたいね、隆之さん。

「台風のあとで」、う~ん・・親だからね。  子供がホームレスとお友達ってのは、困るよね。
盗みかぁ・・。。  そんな風に言われるのはショックだよね。
雅之くんの気持ちが痛いほど伝わってきて、せつない話だった。 

「花丼」、ようやく大幸運食堂の店主登場。
店主が助けた人物が、「本番・・」で出てきた看板屋さん? 
「本番・・」の隆之さんは三姉妹の末娘と付き合ったことがあるとか書いてあるし。
ちょっとずつ登場人物がリンクしてますね。  こういうの大好き。
あ!あの人だ!とか探すのも楽しいし。
しかし、菊の花って美味しいですか?  私はキライです。
そもそも、菊というのはお葬式を思い起こすからイヤです。
あ、最後の「カツ丼をください」は笑いました。

「越冬」、これは本当にいい話。
特に、4人で写真を撮るラストがいい。  仲良しの素敵な家族になれそうだね。

「月明かりの夜に」、いやぁ・・これはちょっとつらい話だったな。
子供が小さい時は、もちろん親も若い。  完璧な親なんていないわよね。
子供が言ったことに、つい感情的に応じてしまったり。
でもラジカセのお母さんの話は、じんときちゃった。
親孝行、したい時に親はナシ・・だよね。
私も後悔しないようにしなくちゃ。
[PR]
by heartfulwind | 2012-07-14 19:40 | 読書 | Comments(0)

南欧バル イナトーラ


今日は大雨の中、のりちゃとランチしてきました。

行く予定だったお店が、なぜかお休み・・。
次に向かったお店は満席・・。
その次に行ったお店は、ランチのお値段が2000円からだったから、やめて・・。
結局、行きついたお店がここでした。

こんなところにいつの間に?って感じです。  国分町の稲荷小路と虎屋横丁の交わる角にあります。
お店の名前は、多分「稲荷(イナリ)」と「虎屋(トラヤ)」で、イナトーラですね。
以前、ここコンビニじゃなかったかなぁ・・。
ちなみに、スマイルホテルの1Fになりますが、虎屋横丁側からしか入れません。

ランチはパスタとオムライスがあり、本日のシェフのきまぐれパスタにしてみました。(お値段:750円)
ツナとトマトのガーリックパスタでした。  お味は・・フツー?

d0179686_1861869.jpg

すごい盛りの良さです・・。   さすがの私も途中で苦しくなりました。

しかし、これで驚いてはいけません。
レギュラーサイズの他に、大盛り(100円増し)と特盛り(200円増し)があり、のりちゃが大盛りを
頼んだのです。
パスタはジャポネーゼ。  和風の味付けです。  イカや海老など、野菜もたっぷり。

d0179686_18122123.jpg

皿からあふれんばかりですよ。  スゴーイ。  きれいに完食したのりちゃはもっとスゴーイ。(笑)

100円でサラダがつけられます。

d0179686_18133943.jpg

ドリンクはついてます。  

d0179686_18165592.jpg

夜は飲みやさんですね。  結構奥まであって、店内広いです。
お客さんはサラリーマンのオジサンがほとんどでした。  この量だからでしょうか。

d0179686_18153996.jpg

d0179686_18155958.jpg

食べログHP
[PR]
by heartfulwind | 2012-07-12 18:25 | ランチ | Comments(6)

PETIT BONHEUR (プティ・ボヌール)


以前「カフェシクロ」というベトナム料理やさんがあったところに、新しくオープンしたフレンチのお店です。
場所は、定禅寺通りのローソンとベローチェの間を曲がり、ベローチェの裏の駐車場の脇の道を入って
左奥です。  細道なので、ちょっとわかりにくいかな・・?
テーブル3つとカウンター席3つの小さなお店です。

今日のランチはガレット、お魚、お肉料理など全部で7種類。  
メインはパスタにしてみました。(お値段:800円)

出てきたお水に、ミントが入ってましたよ。(涼しげ~♪)

d0179686_17523293.jpg

最初にサラダ。  このサクサクしたオレンジ色のものはカボチャ・・?  ニンジンではなかったですね。

d0179686_17544222.jpg

このスプーン&フォークレストが可愛い。  トナカイさんかな。

d0179686_17561444.jpg

冷製スープです。  

d0179686_1814127.jpg

パスタはアスパラガスとゴルゴンゾーラチーズのパスタにしました。
麺は平たい太麺。  チーズがまったりからんで、とても美味しかったです。
アスパラガスはシャキシャキ、黒胡椒が効いてました。

d0179686_1823493.jpg

100円でコーヒーとデザートがつけられます。  デザートはパンナコッタです。

d0179686_1853970.jpg

今日はとても暑くて、アイスコーヒーにしたかったのですが、ホットしかないそうです。
コーヒーは大きいカップにたっぷり入っていて、飲み終えた時には汗だくでした。^^;

かなり本格的なフレンチのお店ですね。   お客さんもいっぱい入ってましたよ。

d0179686_18758.jpg

d0179686_1873745.jpg

食べログ


帰りに三越の地下で、「いたがき」のフルーツロールを買ってきました。
夕飯のデザートにしたいと思いま~す。

d0179686_18115535.jpg

[PR]
by heartfulwind | 2012-07-10 18:14 | ランチ | Comments(2)