Heartful Wind

heartwind.exblog.jp
ブログトップ

中島京子「小さいおうち」


d0179686_21305415.jpg

舞台は昭和5年。  最後は現代につながる。  
その間、かなりブランクありますが。
美しい奥様と優しい旦那様と可愛いお坊ちゃん。
その平井家に奉公する女中タキさんの回顧録である。

この作家さんの本は「イトウの恋」に続き、読むのは2作目。
「イトウの恋」はすごくよかった。
そしてこの「小さいおうち」は直木賞受賞作である。
かなり期待して読み始める。

内容は特に驚くような展開はなく、普段の生活での出来事が淡々と描かれていく。
オシャレで美しくて、とても素敵な時子奥様。
やんちゃで素直で、可愛い恭一ぼっちゃん。
2人の描写は、タキさんの深い愛情が感じられて、とても温かい。
タキさんは奥様とぼっちゃん・・その平井家が本当に大好きだったんだなぁ。

でも、やがて彼女達の世界は太平洋戦争へ向かっていく。
戦争中の話は悲しい話しかないので、なるべく読みたくないのが本音だが、この本は
いわゆるお金持ちの家族の当時の状況が書かれていて、なかなか興味深かった。
もちろん戦時中なのでそんなに贅沢をしてるわけではないのだが、それほど生活はひっ迫してはいない。
銀座でのお買い物や花電車、歌舞伎座での音楽会、社長さんの鎌倉の別荘・・さまざまな優雅な世界を
自分なりに想像して、こちらもちょっと浮ついて楽しくなってしまった。

人間は必ず歳を取る。
タキさんも米寿を迎え、丈夫で頭もしっかりしていたのに、体も弱まり痩せて背中も丸まった小さなおばあさん
になってしまった。
そのタキさんが思い出すのは後悔ばかり。

その後悔はなんなのか?   最終章でわかる。
とすると、奥様と板倉さんが最後に会った箇所は創作なの?
そこは、読者に想像させるつもり?
最初は本当の話と思ったけど、何度も読み返すと、もしかして読み手のことを考えたタキさんの作り話かなと
思ってしまう。
本当はどうなんだろう・・。

戦争の話は本当にイヤだ。   誰もみな不幸だ。 
奥様と旦那様の最期は本当に悲しかった。 
タキさんはその話を聞いてどんなに悲しかったろう。
小さなブリキの小菅のジープ。   そこからもう一切書けなくなった気持ちがじんじん伝わる。

改めて装丁を見ると、この表紙の女性2人は奥様とタキさんじゃないか!
東京の郊外に建つ赤い屋根の「小さいおうち」。
日当たりのいいお部屋、玄関脇のステンドグラス、旦那様ご自慢のポーチ、寝室の南の部分にあるテーブル
とイスが置かれたサンルーム、応接間についた丸窓。
それは、タキさんのすべてであり、奥様の恋のお相手板倉さんが一生大切にした「聖なるもの、守られた
もの」である「小さなおうち」。

読み終えた感想。   とてもよかったです。  
悲しくせつない気持ちでいっぱいになってしまったけど、心に残るいい本でした。  

好きな本がまた1冊増えました。  
[PR]
by heartfulwind | 2011-08-27 21:39 | 読書 | Comments(4)
Commented by まっきぃ at 2011-08-27 22:13 x
この本きになってたんですよね。
直木賞だったので、今、予約状況みたら11人待ちでしたので
わりとすぐ読めそうです^^
戦争中のお話なのですね。
私もいつもはさけちゃうけど
kaoriさんの感想よんでたらとってもよみたくなりました。
Commented by kaori at 2011-08-28 00:57 x
*まっきぃさん*

絶対読んで! まっきぃさんもきっと好きだと思う。
まっきぃさんも戦争中の話はキライなのね。
だよね・・ホントにひどい話ばかりで腹が立つ。
この話もそうなんだけど・・でも読んで欲しいわ。
読んだら、ぜひ語り合いましょう。
Commented by jyojyo★ at 2011-08-29 21:41 x
今日はありがとう~(^-^)ノ
久しぶりにみんなで会えて楽しかったです♪
また近いうちに会いましょうねぇ~
Commented by kaori at 2011-08-29 22:11 x
*ジョジョさん*

こちらこそありがとう♪  私もとっても楽しかったです。
時間があっという間で、もっともっとみんなと話したかったわ。
ぜひまた近いうちにランチしましょうね~。
名前
URL
削除用パスワード