Heartful Wind

heartwind.exblog.jp
ブログトップ

辻村深月「名前探しの放課後」


d0179686_11543098.jpg

すっかりだまされた。  プロローグの「クラスメート」に気づくべきだった。
それにしても、なんなのよ。  特に河野くん。  俳優になれば?  賞取れるよ。

主人公は依田いつか。 男子高校生。
この「いつか」って名前、最初は「someday」の「いつか」だと間違えること多くて。
いちいち間違える自分にムッとしながら読み進む。

そのいつかが、突然3ヶ月前にタイムスリップ。
過去へ戻る前の現在に、彼のクラスメートが自殺する。
その自殺をやめさせるために、過去に戻り、仲間と行動をおこす話。

そもそも、この話「ぼくのメジャースプーン」を読んでなくちゃ理解できないじゃん。
「ぼく」の持つ特殊能力=条件ゲーム提示能力→「××しろ、さもなくば△△になる」。
要するに、自分の彼女を地味と言われてむきになって、6年ぶりにやっちゃったわけでしょ。
「ずっと一人の子と付き合え、さもなくばその人は3ヶ月後に死ぬ」と。
責任感じるよね。  感じてもらわなきゃ困る。  いつかを信じるのは当然ですわ。

しかし、みんなすごいよ。
あんだけの大芝居・・やられた。  みんな途中で気づいたのかなぁ?
私は全然。 ダメだ。 鈍すぎる。
体育館に閉じ込められたのとか、再び殴られて時刻表も破られて柵にしがみつくところとか。
そこまでやるかね。 真相がわかってしまうと、真剣に読んで河野を心配したことがバカみたい。
失望したよ。 やり過ぎだって。 しらけた。 

と言いつつ、後半は涙ぼろぼろ。
全くもう・・。  辻村深月恐るべしだなぁ。
問題は解決したのに(「クラスメート」が河野くん編)まだずいぶんページ余ってるなぁとは思ったのよね。 
そうきたか。
結局これは河野の言うようにいつかの妄想?  
いや、やっぱり秀人の特殊能力が引き起こした本当のタイムスリップ・・だよね。
そう思うことにしよう。

例によって最初はスローペースで読んでいったんだけど、途中からぐいぐいいってしまった。
引きつけるよなぁ、やっぱり。
すっかり辻村さんに魅せられてしまってる私。
彼女の本はマジに全制覇したい。

彼女の小説はいろいろリンクしてるのよね。
松永くんはあの少年だし。  家政婦の多恵さんも出てきちゃうし。
あの美人でカメラ持ってる女性は理帆子さんでしょ?
天木くんもそうらしいんだけど・・残念ながら覚えてない・・。
これは「冷たい校舎の時は止まる」も読まなきゃあかんな。
実はこれから図書館へ行くので、探してこよう。

面白かったです。  ただし、順番に読まなくちゃダメです。
これを読むなら、まず「ぼくのメジャースプーン」と「凍りのくじら」は絶対読まなくちゃ。
でなきゃ、最後のエピローグが理解不能。  こことっても重要なこと書いてあるし。

しかし、ふみちゃん! 嬉しかった。  その横に「ぼく」。  シールはうさぎ・・。
感動したよ、マジに。  出てきてくれてありがとう。
[PR]
by heartfulwind | 2011-12-07 12:00 | 読書 | Comments(2)
Commented by まっきぃ at 2011-12-09 21:30 x
とうとう読まれたのですね^^
辻村ワールドにはまりましたね~^^
やっぱり順番通り読むとより楽しめますよね~
ぜひぜひ「冷たい校舎~」「子供たちは夜と~」読んでくださいね^^
「本日は大安なり」がドラマ化されるみたいなので
よんでおきたいなと思いました^^
Commented by kaori at 2011-12-09 23:59 x
*まっきぃさん*

今日はどうも♪ すごく楽しかったねーー! 紅茶ありがとね。

そうなの、とうとう読んだわよ。 面白かった。
おっしゃる通り、すっかり辻村ワールドにハマってしまったわ。
で、図書館で「冷たい校舎~」見たけど置いてなかった・・。^^;
誰かに借りられてたみたい。
とにかく、図書館にある辻村作品は全部読みたいわ。
「本日は大安なり」? その作品知らなーい。
今度ドラマ化させるの? じゃ、私もチェックしとかないと。_〆( ̄ー ̄ )メモメモ
名前
URL
削除用パスワード